医療機関には相当の負荷 県諏訪保健所

LINEで送る
Pocket

県諏訪保健所の坂本泰啓所長は、28日に開いた定例会見で、新型コロナウイルス感染症の対応で治療の最前線に立つ諏訪地域の医療現場の状況について「患者を受け入れている医療機関には相当の負荷がかかっているが、対応できない状況には至っていない」とした。引き続き、不要不急の外出を自粛し、「3密(密集、密閉、密接)」を避けるよう地域に協力を求めた。

新型コロナウイルスの諏訪地域での感染例はこれまで11件確認しているが、いずれも軽症。28日までに1人が退院している。患者数はすでに諏訪地域の感染症指定病床数を超えているが、一般病床でカバーできるよう準備、機能分化を進めており、現在のところ、新型コロナ禍に対処するための態勢を患者数が上回る状況にはないという。

地域の医師、住民も発熱などの症状があった場合、「事前連絡を取った上で受診する意識が浸透している」とし、引き続き協力を求めるとともに保健所としても情報提供をしっかりと行い、「地域の皆さんの不安をできる限り軽減したい」と語った。

おすすめ情報

PAGE TOP