「ふじみ町生学クラブ」ネット配信 富士見町

LINEで送る
Pocket

インターネットで配信がスタートした手軽に取り組める工作や運動などを紹介する「ふじみ町生学クラブ」

富士見町生涯学習課は、自宅で手軽に取り組める工作や体操などをインターネット上で配信する「ふじみ町生学クラブ」を今月からスタートさせた。同課が主管する図書館、博物館、公民館、社会体育の各担当係が、町内の有識者、団体の協力を得て「在宅の時間を楽しむアイデア」を結集した。

クラブは井戸尻考古館のホームページから閲覧でき、テーマは図書館と博物館、公民館それぞれの「工作」、生涯学習の「家庭科」、社会体育の「運動」、博物館の「歴史」。

工作クラブでは一枚の紙を折りたたんで 作る豆本やビニール袋と折り紙で作るこいのぼりなどを紹介し、家庭科クラブは漬物の作り方を掲載。運動クラブは家でできるマット運動や、庭先でのボール遊びを図解した。歴史クラブのページでは井戸尻考古館が新たに作成した町の歴史年表が見られる。

情報はこれまでに講座の講師を務めた、町内の漬物名人、矢沢里子さんや科学あそびクラブを運営する赤坂行男さん、運動遊びの指導をする松本大学人間健康学部などからもらったノウハウやレシピを活用した。

「文化施設はこれまで来館者を待つ運営だったが、外出自粛中の子ども、 町民のために何かしたい、という職員たちの熱い思いを形にした」と小池美咲課長。各種講座やイベント など集客事業開催の見通しが立たない今年度は、「町民と町を元気にすることが課の目標」といい、今後は週1回のペースで新たな情報を加えたり 、紙媒体も使ってより多くの町民へ情報発信できるよう工夫したり、と知恵を絞る意気込みだ。

おすすめ情報

PAGE TOP