自宅で運動 地域支え合いネットが動画ch開設

LINEで送る
Pocket

駒ケ根市のNPO法人・地域支え合いネットが、動画投稿サイト「ユーチューブ」にチャンネルを開設。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛が続く中、不健康にならないよう自宅で簡単にできる運動を紹介している。同法人事務局長で、動画編集に携わる松原智文さん(39)は「心身の健康維持に役立てるような動画を今後も作っていきたい」と意気込んでいる。

同法人は介護予防の運動などに関する講座を地域住民向けに開催していたが、感染防止のため当面中止に。代替策として、自宅で視聴可能な動画の配信を始めた。

4月21日に初めて投稿した動画のタイトルは「けん玉で体を動かそう(1)」。拳玉にスポットライトを当てたのは、▽室内の狭い空間で遊べる▽自然と膝の曲げ伸ばしをするため足腰の運動になる▽慣れない動作を行うことで脳の活性化が期待できる▽老若男女だれでも楽しめる│からだ。講師は市内で衣料品店を営む村澤友作さん(38)。小学生時代、学級担任が拳玉の技を教えることに力を入れていたため、自然に上達したという。動画では「大皿」「もしかめ」の二つの基本的な技のこつを説明している。

松原さんは「なかなかうまくいかないと、むきになってできるまでやり続けるので、結果的にいい運動になる」と拳玉の効果をアピール。村澤さんは「子どもも大人も家族みんなで楽しんで体を動かし、ストレスを発散してもらいたい」と願う。

「けん玉で体を動かそう(1)」のURLは、https://www.youtube.com.watch?v=5y4MgnV18zA。

おすすめ情報

PAGE TOP