「アマビエ」の革製品販売 西脇さん親子制作

LINEで送る
Pocket

疫病を退散させるとされる「アマビエ」のワッペンを付けた革製品を開発した西脇広介さん

原村原山で革製品を制作・販売している職人の西脇純一さん(68)と広介さん(43)の親子は、疫病を退散させる力があるとされる妖怪「アマビエ」のワッペンを付けた小物の販売を始めた。ネットで購入した人から感謝の声がたくさん寄せられ、「皆さんの安心につながるならばうれしい。心を込めて作りたい」と話している。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響でイベントなどが全て中止になり、革製品の需要も落ち込んでいた。広介さんは「何かしなくては」と模索していたところ、4月半ばにテレビ番組でアマビエを知り、商品化を思い立ったという。

インターネットなどでアマビエの特徴を調べ、くちばしやうろこ、3本のひれなどを持つ半人半魚の原図を完成。色合いは1点1点変えている。キーホルダー(1600円~)や巾着袋(2000円前後)、カードケース(同)をクラフト販売サイトに出店したところ「娘が医療従事者なので持たせたかった」「これを持っていると安心する」など反響があったという。

手作りのため、制作に時間がかかる。問い合わせは西脇工芸社(電話0266・75・3995)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP