あすからテークアウト販売会 諏訪のツルヤ前

LINEで送る
Pocket

透明シートを張って飛沫を防ぎ、テークアウト用の弁当やおかずを販売した=11日、諏訪市のツルヤ上諏訪店前

JR上諏訪駅周辺を中心とした諏訪市内の飲食店が14日から、テークアウト(持ち帰り)用の弁当やおかずの販売会をツルヤ上諏訪店前(諏訪市)で行う。諏訪商工会議所が主催し、新型コロナウイルスの感染拡大によって来店客や売り上げが落ち込む飲食業界の一助になればと企画。17日まで。

10日まで綿半スーパーセンター諏訪店(同市)駐車場で開いて好評だったテークアウト販売会に続いて実施。同商議所が信州諏訪みそ天丼会に声を掛け、加盟店を中心に参加する。

14日からに備えて、11日には事前の試行販売会をツルヤ上諏訪店前で行った。いずみ屋、秋月そば本店、徳八、ラ・フェスタ、魚魚亭の5店が、みそ天丼はもちろんタコライスやかつ丼、冷やし中華、天ぷらなどを販売。出入り口前に特設場を設け、飛沫防止のため透明シートも張った。昼時は買い物客が多く、店主らが「いらっしゃいませ」と声を掛けると次々と買い求める人が訪れた。「大変な状況なので少しでも役に立てたら」と話す女性客もいた。

同会会長でいずみ屋の宮坂友子社長は「(店舗は)大打撃を受けているが、これを機に飲食店同士の連携も強めたい」。ツルヤ上諏訪店の北野航副店長は「少しでも街が明るくなるよう地元飲食店の皆さんと協力していけたら」と話した。

販売時間は午前11時~午後1時、午後2時30分~同4時30分。連日5~10店ほどが出店する予定。

おすすめ情報

PAGE TOP