下諏訪商議所と商連、町、組合 来月売り出し

LINEで送る
Pocket

新型コロナウイルス感染拡大により売り上げが減少する小売店や飲食店を支援するため、下諏訪商工会議所と下諏訪商連、町、町内飲食店組合が協力し、6月5~14日に「売り出しキャンペーン」を展開する。商連加盟店で買い物をすると町内飲食店で使えるお食事券が当たる抽選券を進呈するほか、商連「しもすわカード」ポイント増など特典も多い消費者にとってお得なキャンペーン。小売店や飲食店の販売促進、地域経済の回復につなげたい考えだ。

同キャンペーンでは、抽選番号が印刷された抽選券を2万枚発行。商連加盟48店舗で買い物した際、550円(税込み)ごとに抽選券1枚を進呈。抽選で1等3000円分食事券が10本、2等2000円分40本、3等1000円分600本が当たる。

このほか、キャンペーン期間中に限り、通常110円(税込み)ごとに1ポイント付与される「しもすわカード」のポイント10倍サービスも実施。さらに同カード(プリペイド)で買い物すると5%還元も受けられる。またキャンペーン期間前の1週間程度、カードチャージキャンペーンの実施も検討するという。

5月28日まで、下諏訪飲食店組合および下諏訪第一飲食店組合を中心に広く参加飲食店を募集。抽選は6月15日に行い、食事券引き換え期間は6月16~23日。食事券の利用期間は6月19日~7月30日。

事業費は会議所と町、商連が負担。関係者は、小売店や飲食店での消費などで1300万円余りの経済効果を見込む。同商連の本山公之理事長は「買い物の際は感染予防とマナーを守り、密にならないよう気を付けてほしい」と呼び掛けつつ、「キャンペーンで店も消費者も元気になれれば」と話している。

おすすめ情報

PAGE TOP