フェイス・マウスガード簡単に キット販売へ

LINEで送る
Pocket

ピーエムオフィスエーが販売するフェイスガード・マウスガードのプラスチックキット

射出成形用金型の設計製造やキャラクターフィギュア、プラモデル製造販売などのピーエムオフィスエー(本社・諏訪市沖田町、山口晃社長)は、新型コロナウイルスの飛沫感染予防に向け、組み立て式の「フェイスガード・マウスガード プラスチックキット」を6月1日から販売する。新型コロナウイルスの感染予防でマスクの需要が高まる中、夏季の感染予防に役立ててもらおうと開発した。

同社は医療機関でフェースシールド(ガード)の入手が困難になっていることを受け、プラモデル製造のノウハウを生かし、4月中旬から開発に着手。接着剤不要の組み立て式にした。キットの中には大きさの異なる2枚の透明なシールドが入っており、付け替えることで顔全体を覆うフェースガードと口部分を覆うマウスガードになることも特徴。顔に固定する「メガネパーツ」部分の色は「黒」「ピンク」「白」「クリア(透明)」から選べる。

山口社長(52)は「フェースガードは飛沫の付着を防ぎ、マウスガードは飛沫の拡散を防止する。これからの暑いシーズンにぴったり」とし、「マスクと違い口の動きが見えることも特徴で、医療・介護・学校施設、飲食店など広い施設で使える。子どもから高齢者まで全ての人に活用してほしい」と話している。

価格は1500円(税別)。同社ホームページでも受け付けている。問い合わせは同社(電話0266・54・5556)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP