宮田村ワイン「紫輝」たる熟成 きょう発売

LINEで送る
Pocket

宮田村特産ワイン「紫輝」のたる熟成の完成を祝う発表会

宮田村の特産ワイン「紫輝」のたる熟成の販売に先立ち、宮田村などは29日、発表会を同村の本坊酒造マルス信州蒸溜所で開いた。たる熟成のワインを製造するのは15年ぶり。たるの香ばしい香りと厚みのある味わいが楽しめる一品で、30日から上伊那地方の酒販店などで販売する。

昨年、村内で収穫したブドウ・ヤマソービニオンで製造した2019年産赤ワインを、新だるで約5カ月間にわたり熟成。味や香りを残しつつも、おりや不純物などを取り除くために軽くろ過をした。2733本(720ミリリットル瓶)が完成した。

同社の製造担当者らによると、紫輝本来の果実味と穏やかな酸味に、たるの香りが加わり厚みのある味わいに仕上がっているといい、肉料理などとともに食卓で楽しむのがお勧めという。

小田切康彦村長は「紫輝は宮田村の独自産業の大きな柱の一つ。たる熟成が広まり、さらに独自産業を発展していきたい」と話した。同蒸溜所の折田浩之所長は「久しぶりにたる熟成を復活させ、二つのラインアップで楽しんでほしい」とした。

1本2420円(税込み)。ワインを仕込んだたるには、ウイスキーを入れて熟成させ、来年5月頃に販売する予定。問い合わせは村産業振興推進室(電話0265・85・5864)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP