2020年6月5日付

LINEで送る
Pocket

訃報記事で、懐かしいその人の名前を目にした。ロックンロールの開祖とも呼ばれた米国の歌手リトル・リチャード氏である。無性に曲が聴きたくなる。パワフルな歌声とピアノ演奏に心揺さぶられ、コロナの憂鬱が吹き飛んだ気がした▼偉大なロックの父の業績を記事でたどっているうちに、エルビス・コステロ、クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル、ザ・キンクスと彼の曲をカバーしているミュージシャンやバンドのCDにも手が伸びる。久しぶりに、心から音楽を楽しむことができた▼ロックシンガー佐野元春さんも自身の楽曲「悲しきRADIO」で、ジーン・ビンセントやチャック・ベリー、バディ・ホリーら初期ロックのヒーローとして、その人の名前も挙げている。その力強い音楽にエネルギーをもらい、勇気づけられた日もあっただろう▼音楽の力を知る佐野さんが、コロナ禍で疲れた人たちを応援しようと、自ら率いるバンドとオンラインで制作した新曲「この道」を動画投稿サイトで公開した。〈いつかきっと いつかきっと 願いがかなうその日まで…〉。優しく語り掛けるように歌っている▼公演ができない状況下で、多くのミュージシャンがネットで演奏を公開しファンとの新たなつながりを模索している。ロックという革新的な音楽が若者に勇気を与えたように、今こそ心に希望の火をともしてくれる音楽が聴きたい。

おすすめ情報

PAGE TOP