伊那市の温泉施設 きょうから営業再開

LINEで送る
Pocket

5日午後1時からの営業再開に向けて浴室の清掃をするスタッフ=みはらしの湯

新型コロナウイルスの感染防止対策で休業していた、伊那市の羽広温泉みはらしの湯(西箕輪)と信州高遠温泉さくらの湯(高遠町)は5日から営業を再開する。両施設とも時間を短縮して営業。当面の間は売店や食堂は休業し、入浴のみのサービスとなる。

両施設とも営業時間は午後1~8時。みはらしの湯にあるサウナ風呂は当面の間、休止する。入館の際は手指を消毒し、マスクを着用するほか、万一の感染対策として氏名や電話番号を用紙に記入し、箱へ入れるシステムを備えた。あまりに混雑する場合は入館規制もあるという。

両施設では今月に入ってから営業再開に向けた準備を始動。このうち、みはらしの湯では営業再開前日の4日、浴室や加熱設備の点検、玄関前の庭木の刈り込みなどを行い、来客の受け入れ準備を整えた。

みはらしの湯の伊東信介支配人(36)は「営業を再開してみないと分からない面は多いが、休憩所はテーブルの間隔を広げるなど、人と人の距離を保つように配慮した」とし、「長い間の休業となり、お客さまにはご不便をおかけした。再開を心待ちにしていた皆さんにはくつろいでほしい」と話した。

問い合わせはみはらしの湯(電話0265・76・8760)、さくらの湯(同0265・94・3118)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP