トチノキとヒトツバタゴ共演 茅野の長円寺

LINEで送る
Pocket

ヒトツバタゴの背後にトチノキがそびえ立ち初夏の風物詩が共演する長円寺

茅野市穴山の長円寺(宮里孝憲住職)で、敷地内に植わるトチノキとヒトツバタゴの花が満開を迎えている。どちらも同寺の初夏の風物詩として知られ、毎年楽しみに訪れる人もいるという。

トチノキは推定樹齢300年以上の巨木。黄緑がかった白い房状の花が空に向かって咲き、高さ約20メートルの木全体を覆う光景は見応えがある。ヒトツバタゴは、珍しい木を称して呼ぶ「ナンジャモンジャ」の名前もあり、花は細いリボン状で純白。墓地の整備で約30年前に植えた1本が高さ、枝張りとも7~8メートルに育ち、緑の葉に雪を積もらせたよう。甘い香りを漂わせる。

2本の木は少し離れているが、本堂南側の田んぼのあぜに出ると、ナンジャモンジャの上にトチノキがそびえ共演が楽しめる。同寺では「いろいろなことがあっても花は例年通りに咲く。小鳥の声を聞きながら眺め、心穏やかに過ごして」としている。

おすすめ情報

PAGE TOP