伊那弥生ケ丘高器楽クラブ 全国コンクで3位

LINEで送る
Pocket

ギター・マンドリン音楽コンクールで全国3位の成績を残した伊那弥生ケ丘高校器楽クラブ

ギター・マンドリン音楽コンクールで全国3位の成績を残した伊那弥生ケ丘高校器楽クラブ

伊那弥生ケ丘高校(伊那市)の器楽クラブが、全国高校ギター・マンドリン音楽コンクール(26~27日、大阪・吹田市)で、全国3位に相当する全国知事会賞を受賞した。優秀賞受賞校の中で、評点が高い順に贈られる特別賞で、54人の大編成が同クラブ過去最高成績を収めた。

昨秋の県大会で最優秀賞に輝き、26回連続の全国出場を決めた。発表曲はマンドリンオーケストラ曲の「トレピック・プレリュード」で、全国の大舞台でも厚みのある音色を響かせた。指導する井上雄二教諭は「部員の心が一つにまとまったことがよかったのだと思う。高い技術が求められる難曲を見事に弾きこなした」と褒めた。

29日の同校終業式では全国3位入賞を報告し、全校生徒の前で演奏を披露した同クラブ。下島綾華部長(17)は「3年生としては引退を前に、こんなにも素晴らしい思いができてうれしい。みんなの気持ちが一つになったおかげ」と感謝した。

おすすめ情報

PAGE TOP