八ケ岳無事な一年に 開山祭安全祈願

LINEで送る
Pocket

関係者のみで行った八ケ岳開山祭安全祈願=茅野市泉野地区コミュニティセンター

第66回八ケ岳開山祭安全祈願が7日、茅野市泉野地区コミュニティセンターで開かれた。開山祭は例年、八ケ岳連峰の赤岳山頂と北横岳山頂の2会場で一般を招いて行われるが、今年は新型コロナウイルス感染症の影響で中止が決まっていた。安全祈願には関係団体から約15人が参加。1年間の山の安全と遭難事故者の冥福を祈り、感染症の一日も早い収束を祈願した。

開山祭の主催団体の八ケ岳観光協会から浦野岳孝会長、茅野山岳会から小池清紀会長、ちの観光まちづくり推進機構から高砂樹史専務理事らが参加。共催の赤嶽山神社総代会からは槻木区長や氏子らが参列した。

浦野会長は「八ケ岳の山小屋は一部を除き1日から感染症対策を行いながら営業を再開した。運営は厳しいが、安全登山の務めを果たしていきたい」と述べた。前例のない形での開山祭となったが、「山の安全祈願と遭難者の追悼をできたことは意味があり、ありがたいこと」と感謝した。

おすすめ情報

PAGE TOP