「よろずおさまる」万治の石仏 グッズ人気

LINEで送る
Pocket

「よろずおさまる」縁起の良い万治の石仏グッズが並ぶ観光案内所

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、コロナに打ち勝つ救世主として熊本県に伝わる妖怪「アマビエ」や、山梨県に伝わる不思議な鳥「ヨゲンノトリ」がSNS上で話題になっている。そんな中、下諏訪町にある不思議な阿弥陀様「万治の石仏」も、「よろず(万)おさまる(治)」ご利益がある石仏だと、ひそかに話題となっている。

緊急事態宣言解除に伴い移動制限が緩和され、徐々に諏訪圏外からの人も訪れるようになってきた下諏訪町。宣言解除後に再開された下諏訪商工会議所が運営する観光案内所も、訪れる人が少しずつ増えてきたという。

諏訪大社下社秋宮近くの同案内所ではストラップやコースター、ランチョンマット、トートバッグ、温泉セット、オルゴール、布マスクなど、万治の石仏関連グッズ約20種類を取りそろえている。石仏をお参りに来た人が案内所を訪れ、グッズを購入するケースも目立つようになっているという。

同案内所によると、コロナ禍で、石仏のご利益にあずかり、グッズをお守り代わりにしようと購入する人が増えているという。中には久しく会っていない離れて暮らす家族や友人に、「コロナが治まりますように」との願いを込め、グッズに万治の石仏のパンフレットを添えて贈る人もいるのだという。

おすすめ情報

PAGE TOP