早太郎温泉を応援 駒ケ根市がチケット販売

LINEで送る
Pocket

駒ケ根市が販売する「プレミアム付早太郎温泉応援チケット」

駒ケ根市は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受ける駒ケ根高原の宿泊施設や日帰り温泉施設を支援する「プレミアム付早太郎温泉応援チケット」を発売する。地元住民に宿泊や宴会、入浴、食事などに使えるチケットを販売し、経営を支援する。市ホームページ(HP)か郵便はがきによる事前申し込みが必要。多数の場合は抽選する。

県外などからの誘客がまだ見込めない中、地元消費を喚起して温泉施設を支援する狙い。入湯税を原資とするため、納税している早太郎温泉事業協同組合に加盟する宿泊施設5カ所、日帰り温泉3カ所の計8施設を対象とした。

宿泊施設は、1万円分を5000円で販売。1施設当たり上限2枚で、複数の施設のチケットを購入することができる。宿泊や宴会、食事などに利用できる。利用期限は来年6月30日まで。

日帰り温泉は5000円分を2500円で販売する。1施設当たり1枚限定。入浴や食事に利用でき、入浴回数券との引き換えも可能。利用期限は12月31日まで。

市HPの専用フォーム(QRコード)か郵便はがき(〒399―4192 駒ケ根市役所「早太郎温泉応援チケット」受付係・住所不要)で申し込む。受付期間は7月3日まで(消印有効)。抽選の場合、当落結果を郵送で通知する。同12日に泰成スポーツフロアー(市民体育館)で販売する。

市観光推進課は「この機会に地元の温泉施設を利用し、魅力を体験してほしい」と呼び掛けている。問い合わせは同課(電話0265・83・2111)か同組合事務局の駒ケ根観光協会(同81・7700)へ。

対象施設は次の通り。

▽宿泊施設=山野草の宿二人静、ホテルやまぶき、静養と麦めしの宿西山荘、和みの湯宿なかやま、駒ケ根高原リゾートリンクス・別館季澄香

▽日帰り温泉=こまゆき荘、こまくさの湯、露天こぶしの湯

おすすめ情報

PAGE TOP