中アのライチョウの卵全滅 ニホンザル原因か

LINEで送る
Pocket

環境省は2日、中央アルプス駒ケ岳に唯一生息する国特別天然記念物で絶滅危惧種ニホンライチョウの雌の巣に運んだ有精卵8卵が、全滅したと明らかにした。5羽のひなが誕生したが死骸で見つかり、残り3卵はふ化しなかった。巣周辺に設置したカメラに写っていたニホンザルが、近づいたことなどが全滅の原因とみられる。

ふ化の予定日だった6月30日、7月1日に現地調査した。巣の中や周辺で、ひなの死骸や、ふ化直前だったとみられるひびが入った卵などを確認。巣周辺に設置したセンサーカメラには、ニホンザルが巣をのぞき込む様子や10頭の群れが写っていたほか、付近にはサルのふんも複数あった。雌1羽は両日とも生存が確認された。

調査した中村浩志・信州大名誉教授の見解では、5羽は6月29日にふ化したと推定。同日に撮影されたニホンザルが巣に近づき、雌やひなが巣から飛び出したとみられ、ふ化直後のひなは体温調節できないために短時間で冷えて死んだと考えられるとした。ふ化直前だった卵は、抱卵途中にサルが持ち出したためにふ化できなかったという。

中アのライチョウは半世紀ほど前に絶滅したとされていたが、乗鞍岳から飛来したと推定された雌1羽が2018年に確認され、同省が個体群の復活に乗り出した。6月7日に昨年と同様に他から有精卵を中アに運び、雌が産んだ無精卵と取り換えた。昨年は乗鞍岳の野生の卵を使ったが、今年は動物園などから提供を受けて「野生復帰」の確立を目指していた。

昨年もひな5羽が誕生したが間もなく全滅したため、今回はひなをケージに入れ保護する手はずだったが、再び天敵対策が事業の課題となった。同省の担当者は「卵がかえったので野生復帰は成功と言えるが早々の全滅は残念。多くのニホンザルがおり、追加の対策も検討したい」とした。

今年はこの他にも、乗鞍岳から野生の3家族約20羽を7月下旬に中アへ「移住」させる計画。移住後にニホンザルなど天敵による影響が懸念されるが、同省は保護対策を講じた上で移送するとしている。

おすすめ情報

PAGE TOP