あかすなみずべテラス 8月8~16日開催

LINEで送る
Pocket

下諏訪町は、新型コロナウイルス感染症に伴い開催の可否を慎重に検討してきた「あかすなみずべテラスinサマー」の開催を決めた。開催場所は赤砂崎周辺で、期間は8月8~16日。期間中はテイクアウトブースが設けられ、特設ステージでの発表も行われる。会場では、「しもすわサマーイルミネーション2020」(8月8~31日)も同時開催し真夏の諏訪湖畔を彩る。

諏訪湖に面した水辺環境を生かし、諏訪湖畔の自然を体感する余暇の過ごし方を提案しつつ、赤砂崎周辺の活性化も図るイベント。

今年度は下諏訪港とヘリポート間の駐車場スペースに会場を移し、大型テントと特設ステージを設営して実施。キッチンカーなどによる飲食の提供、ステージを活用した発表、LEDスカイランタン打ち上げのほか、ジャズ演奏と湖上花火が共演するスペシャルナイトクルージング(14日)も企画されている。

町では十分な新型コロナウイルス感染防止対策を行って開催するとしており、青木悟町長は「新型コロナで停滞した地域のにぎわいを取り戻すべく、経済活動の再開、地域住民の交流促進を目指したい」と話している。

みずべテラスの開催時間は午後5時~午後9時30分。イルミネーションの点灯は午後7時~午後10時。

おすすめ情報

PAGE TOP