「諏訪湖の日」感謝表そう メッセージ募集

LINEで送る
Pocket

誰もが訪れたくなる諏訪湖を目指す官民組織「諏訪湖創生ビジョン推進会議」は、10月1日の「諏訪湖の日」にちなんで、諏訪湖やそれに関わる人々への感謝の気持ちを表す「諏訪湖にありがとう!」メッセージを募集している。諏訪湖に対する感謝や未来に向けた思い、諏訪湖の保全や観光、漁業、ボランティアなど各方面の関係者への応援の言葉などを想定している。8月17日まで。

諏訪湖の日は昨年、諏訪湖に感謝し、守り、生かす機運を高めようと、諏訪湖流域下水道が一部供用を開始した10月1日に制定。メッセージの募集は初めての試みで、美しい諏訪湖は当たり前でないことにいま一度目を向けてもらおうと企画した。投稿されたメッセージは、同日近くに長野日報などの地元紙や県諏訪地域振興局のホームページに掲載し、多くの人の目に触れてもらう。

メッセージは文章限定で100文字以内。例えば「諏訪湖に癒やされています」「ごみ拾いをしてくれる皆さん、ありがとう!」などと、読んだ人が諏訪湖を好きになり、元気になるメッセージを募る。

同会議事務局は「匿名やペンネームでも送れるので、誰でも気軽に応募してほしい」と呼び掛けている。

応募はメールアドレス(suwachi‐kikaku@pref.nagano.lg.jp)または専用ページのQRコードから可能。メールアドレスの場合は、件名に「諏訪湖にありがとうへの投稿」と記入し、本文にメッセージと氏名(ペンネームや匿名も可能)、在住市町村(県内外を問わない)を明記する。問い合わせは同会議事務局の同局企画振興課(電話0266・57・2901)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP