オオムラサキ羽ばたく 茅野で20匹放蝶

LINEで送る
Pocket

オオムラサキを放つ小泉山体験の森創造委員会の部会員ら

茅野市の小泉山体験の森創造委員会(柳沢孝夫委員長)は11日、同会で飼育・保護活動に取り組む国蝶「オオムラサキ」の放蝶会を同市上古田にある保護施設で行った。会員約20人が参加。同施設で大切に育てたオオムラサキ20匹を山に放った。

同委員会は2001年に発足し、公民協働で小泉山の整備や活動に取り組んでいる。13年には、会員らが子どものころに目にしたオオムラサキが飛び交う小泉山を目指してオオムラサキ部会を設置。翌年には施設も設けた。

オオムラサキは、羽の広げた大きさが9~11センチほどの大型の蝶。白や黄色の斑紋が特徴で、オスはメスよりも一回り小さく、羽に青紫色の光沢がある。部会によると、今年は例年より1週間ほど羽化が早く、昨年よりも約250匹多い850匹以上が見込めるという。

放蝶会は小雨降る中、会員のみで実施した。参加者はオオムラサキ部会の石山功部会長の合図で一斉に放蝶。オオムラサキは元気よく羽ばたいて、里山に飛び去っていった。石山部会長(76)は「コロナで思うように活動できなかったが、こうして放蝶会ができてよかった。厳しい自然の中、頑張って生き残ってほしい」と話していた。

同委員会は、18、19日の両日「オオムラ サキ観察会」を同所で開く。時間は両日とも午前9時30分と午後1時。問い合わせは 事務局の市生涯学習課(電話0266・72・2101)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP