諏訪中央病院の「発熱外来」 遠隔医療で対応

LINEで送る
Pocket

茅野市は14日の市議会全員協議会で、同市の諏訪中央病院敷地内に設置を検討している「発熱外来」(仮称)について、設置された場合は新型コロナウイルス感染防止へ遠隔医療を導入して対応する考えを示した。医師は別の場所に居て、モニター越しに問診することを想定している。

発熱など新型コロナの有症状者を受け入れる発熱外来を訪れた人と医師との接触を避け、感染リスク低減を図る。具体的な内容は練っている段階だが、市地域戦略課によると、有症状者の顔色が画面を通じて確認できるよう、高精細「4K」映像を活用することなどを検討している。

発熱外来は同病院が運営主体となり、病院医師が問診・診察などを行う計画。必要があればPCR検査の検体採取も予定する。駐車場の一角にプレハブで建てることを検討している。

おすすめ情報

PAGE TOP