ちょい飲みで活性化 飯島町が25日イベント

LINEで送る
Pocket

当日会場となる広小路で、ちょい飲みイベントのチラシを手にPRする地域おこし協力隊員と商工会青年部員

飯島町は25日午後5時から、JR飯島駅前のメインストリートを歩行者天国にした完全予約制の飲食イベント「ちょい飲みin広小路」を開く。新型コロナウイルス感染予防を徹底。まちなかを会場にビールで、のどを潤した後は、周辺の飲食店で二次会を楽しんでもらう。コロナ禍の中で客足が戻らない市街地の活性化につなげる取り組みで、17~21日までまちの駅いいちゃんで予約を受け付ける。

町の地域おこし協力隊が企画し、町商工会青年部などが協力。広小路沿いなどに点在する飲食店9店舗が協賛した。

各店自慢のおつまみを1品500円で提供し、電話やメールなどで参加予約する時に選んで申し込む。当日注文する生ビールも500円。協賛店舗のビール1杯が150円引きになるクーポンが付き、ちょい飲み後の二次会、三次会へと誘導する。

数量限定による事前予約の屋外開催で「3密」対策を図り、検温や消毒なども実施。町がコロナ対策として発行したプレミアム付き金券「くらし復興券」も利用でき、地域内の経済循環を促す。

青年部の矢澤真部長(39)は「一歩でも二歩でも気持ちが前に進むイベントにしたい」と話し、協力隊の若杉恵利子さんは「感染防止対策に取り組む各店舗の様子にも触れてもらい、外食を楽しむ一つのきっかけになれば」と期待した。

イベントの開場時間は午後5時~7時30分(最終注文7時)。問い合わせ、予約申し込みは、まちの駅いいちゃん(電話0265・95・3209)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP