小口良平さん招きイベント 著書題材に交流

LINEで送る
Pocket

イベントへの参加を呼び掛ける小口良平さん(左)と「岡谷で読みつむぐ会」の会員

岡谷市の有志らでつくる読書グループ「岡谷で読みつむぐ会」は8月8日午後4時から、同市出身の自転車冒険家小口良平さん(40)=辰野町宮木=を招いた公開イベントを笠原書店岡谷本店で開く。小口さんの著書「スマイル!笑顔と出会った自転車地球一周157カ国、155・502km」を題材に、集まった人で自由に意見を交わして交流する。

同会は、会員が同じ本を読み、本を通じて仲間との交流を図ることなどを目的に昨年11月に発足。現在は市民を中心に13人で活動している。これまで3冊を題材に取り上げ、意見交換してきた。会員から小口さんの著書を取り上げてほしいとの要望があり、小口さんに参加を打診。快諾を得て作家を交えての会が初めて実現することになり、一般参加者にも門戸を広げた。

著書は小口さんが自転車で世界一周した旅の記録と旅から学んだ人生哲学をまとめた内容。小口さんは「自分も本が好きで、旅の最中は本を40冊以上持ち歩いていた。子どもたちにも読書を通じて世界とつながってほしい」と話す。同会幹事の小坂英之さん(60)は「特に中高生に参加してもらい、夢を持って生きるということを考える機会にしてほしい」と呼び掛けている。

参加費無料。定員は先着20人で事前申し込みが必要。本を読了していることが参加条件。申し込み、問い合わせは小坂さん(電話080・5108・6488)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP