感染予防も 下諏訪町が避難所開設キット作製

LINEで送る
Pocket

防災ネットワークしもすわらの協力で感染症下を想定した避難所開設キットも作製中

新型コロナウイルス感染症の終息が見えない中での避難所運営が課題とされる中、下諏訪町は、コロナ感染防止対策を見据えた避難所運営の見直しを進めている。感染症影響下では、各避難所の感染防止対策が必要不可欠になることから、大型テントや浄水器など感染予防につながる新たな防災用品を配備するとともに、避難者の受け入れ時に必要な感染予防グッズを一つにまとめた「感染症対応避難所開設キット」も作製し、各避難所に配備する計画だ。

町は、町内の防災士約130人で組織する「防災ネットワークしもすわ」などと協力し、避難所開設時に必要とされる物品をセットした「避難所開設キット」を製作。すでに町内45カ所の全避難所に配備を完了した。しかし配備を進める中で新型コロナウイルス感染症の脅威が拡大。このため町は感染症下を想定したコンテナキャリーケース1個に収まる開設キットも新たに作製することを決めた。

現在セット内容を選定している。現時点で▽マスク▽手指消毒液▽非接触型体温計▽フェイスシールド▽ゴム手袋-などを想定しており、できるだけ早い時期に全避難所への配備を行うとしている。

町は8月~10月にかけて町内全区で開催予定の感染症下を想定した避難所開設訓練で、実際にキットを活用する計画。同ネットの高橋敦子会長は「災害はいつ起きるか分からない。その場にいる誰もがちゅうちょなく実働できることが大切。キットは女性目線も取り入れ、訓練を重ねて内容のブラッシュアップを図りたい」と話している。

このほか、町は大型テント(幅6メートル、奥行3メートル)、手動式の浄水器を全避難所に配備。町内小中学校の体育館と下諏訪体育館には、移動式エアコンと発電機を配備する計画だ。

おすすめ情報

PAGE TOP