不折生誕150年記念 堀井さん講演

LINEで送る
Pocket

伊那市生涯学習センターは4日、同市高遠町で幼少期を過ごした書家で洋画家の中村不折の生誕150年を記念した講演会を開いた。近代文学研究家の堀井正子さんが「不折、そして子規と漱石」と題して、不折と正岡子規、夏目漱石の関係をひもといた。

堀井さんは子規が深い信頼関係で結ばれていた不折に宛てた手紙から「痛烈な酷評で率直な物言いをしている。言うことで欠点が直り、もっとよくなるにはどうしたらいいかを考えたのでは」と推察を話した。

一方で不折がその手紙を残していた事実から「ありがたい苦言だと取っておいた。そういう付き合いができていた」と解説。不折が病床の子規を描いた絵を上映し、「寝ながら不折に習った絵を描いている。情があり、絵の中にドラマが見える」と話した。

漱石については不折が描いた「吾輩は猫である」の挿絵を示し、「本がすごく評判がよく、20日間で売り切れた。漱石から『あなたのおかげ』と感謝の手紙を送られている。美術品のような見事な本だった」とした。

おすすめ情報

PAGE TOP