知事「コロナ第2波」 感染リスク回避へ方針

LINEで送る
Pocket

会見で今後の新型コロナウイルス対策の方針を説明する阿部知事

県は7月31日、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を県庁で開き、「新しい生活様式」の定着と経済活動の両立に向けた8月1~31日の対応方針を決定した。イベントの人数制限維持や、高齢者ら重症化リスクの高い人を守る対策、会食や飲み会でのリスクを避ける行動の呼び掛けなどに取り組む。阿部守一知事は同日の会見で「感染の第2波を迎えている」との認識を示し、「8月は感染拡大防止と社会経済活動の両立のための極めて重要な局面」と述べた。

県主催のイベントは7月末まで屋内外ともに5000人以下を目安とし、8月からは緩和する予定だったが、8月いっぱい維持する。民間のイベントについても同様の基準を守るよう要請する。いずれも政府の方針に沿った対応。

重症化リスクの高い人への感染防止については、高齢者らが集まりやすい場所の運営者や、高齢者が多く利用するスーパーなどの店舗に対策を取るよう働き掛けていく。

店舗や事業所に対しては各業界のガイドラインを周知することとし、専門のチームを本庁と各地域振興局に設置していく。県民には会食や飲み会では密になりやすい場所や多人数、長時間の開催など、感染リスクが高い行動を避けるよう呼び掛けていく。

阿部知事は、マスク着用の徹底や、マスクを外す会食の場面では大声を出さないなどの基本的な対応を「一人ひとりの県民、事業者にお願いしなければいけない」と呼び掛けた。「雇用情勢、経済情勢も厳しい局面に向かいつつある」との認識も示し、「暮らしの支援、産業支援も引き続きしっかり取り組んでいきたい」と述べた。

対策本部会議では、クラスター(感染者集団)発生や院内感染の発生の際に現地に赴いて感染経路の調査やゾーニングなどに迅速に対応する「クラスター対応チーム」を設置することも決めた。医師や保健師を中心とした3チーム12人編成で、8月3日から感染症対策課に置く。

おすすめ情報

PAGE TOP