新艇庫を活用、婚活イベント 下諏訪

LINEで送る
Pocket

下諏訪町の「出会い・婚活プロジェクト会議」は、同町の新艇庫「AQUA未来」を会場に参加者がボート競技を体験する婚活イベントを今秋ごろ実施する方針を固めた。新型コロナウイルス感染拡大状況を考慮し直前で中止にする可能性もあるが、「できるだけの準備は進めたい」としている。

未婚の男女の出会いの場を提供しようと、さまざまな婚活イベントを企画、運営している同プロジェクト。ボートを利用した婚活イベントは以前にも実施しており、町の新施設であるAQUA未来をPRしながら諏訪湖畔を会場にした地域色の濃い婚活イベントを実施しようと企画した。

県内在住で30~35歳の独身者が対象。イベントでは参加を希望した男女各6人が、かじ取り1人、こぎ手4人の5人一組でボートをこぐ「ナックルフォア」を体験する。感染防止の観点から参加者は全員が同じ方向を向くこぎ手のみを体験する。こぎ手と対面する姿勢で乗艇するかじ取りはプロジェクトの委員らが担当する。

男女が1対1で会話する「トークタイム」は、AQUA未来の2階会議室を利用する。アクリル板を隔てて順番に数分ずつ話す時間を設け、親睦を深める。

同プロジェクトの森田政彦委員長(63)=同町社東町=は「こういう状況であっても男女の出会いの場は必要。(新型コロナウイルス感染症に関する)政府や町の判断を踏まえ、積極的につくりたい」と話している。

おすすめ情報

PAGE TOP