平和を願う芸術作品61点 岩谷画廊で

LINEで送る
Pocket

9日まで開かれている「2016 夏 平和を愛するあなたへ展」=諏訪市の岩谷画廊

9日まで開かれている「2016 夏 平和を愛するあなたへ展」=諏訪市の岩谷画廊

平和を願いさまざまなジャンルの作品が一堂に会する「2016 夏 平和を愛するあなたへ展」が4日、諏訪市末広のアートプラザ1〇8岩谷画廊の第1・2ギャラリーで始まった。諏訪地方の20~80代の38人の絵画や造形、写真など61点を展示している。

「平和を守るために出来ること」として、美術講師の山崎康子さん=同市諏訪=が発起人となり4年前に始まった。芸術を通して長く続く平和を考える機会にと、毎年8月に開く。作品は、広島や福島を描いた絵画や日常の何気ない風景画、祈りをささげる地蔵の陶芸など多彩。

初出品の小口純也さん=岡谷市=は空間利用のオブジェと映像による「インスタレーション」、下里喜代一さん=茅野市=は焼き板作品でそれぞれの平和を表現している。

年々作家への輪が広がり作品数も増え「自己表現は大切で、そういう世の中を守りたい」と山崎さん。「自己表現活動のきっかけに、若い人にも鑑賞してほしい」と来場を呼び掛けている。

9日まで。時間は午前9時~午後6時。最終日は午後5時まで。会期中、特別企画として藤森和義さん=岡谷市=による「からくり人形展示」と「小さい人形劇場」を5日午後4時と8日午後2時に行う。入場無料。また作品研究会を6日午後1時、作家4人のギャラリートークが7日午後4時からある。

おすすめ情報

PAGE TOP