お盆の帰省「慎重に」 県外往来にも注意喚起

LINEで送る
Pocket

阿部守一知事は7日、会見を開き、お盆の帰省について、県外からの来訪者との会食などで新型コロナウイルスに感染した事例もあるとして、「慎重な対応を」と改めて注意喚起した。県は首都圏をはじめとした感染拡大地域との往来は、往来自体を慎重に検討することも呼び掛けている。

お盆の帰省について阿部知事は、発症前でも人に感染させてしまう恐れがあるとして、帰省前に家族と十分に相談することや、自らの健康観察を行うよう求めた。帰省後も「親しい人たちと会う時は気が緩みがち」として、マスクの着用や距離の確保など対策の徹底を促した。

県は同日、直近1週間の新型コロナウイルスの新規感染者が10万人当たり2・5人を超え、往来自体の必要性を慎重に検討するよう注意喚起する地域に富山県を追加した。対象の地域は、ほかに栃木県と群馬県を除く首都圏と東海地方4県、関西圏2府4県、広島県、徳島県、大分を除く九州・沖縄7県。ほかの道県についても往来の際は「基本的な感染防止策の徹底など慎重な行動を」としている。

おすすめ情報

PAGE TOP