コロナに負けるな! モリゾーがエール

LINEで送る
Pocket

モリゾー風に刈り込まれた長崎さん宅の生け垣=下諏訪町

下諏訪町東高木の諏訪湖を見下ろす旧甲州街道沿いにある長崎正彦さん宅の庭で、エクスポ2005「愛・地球博」の公式キャラクター・森の妖精「モリゾー」風に整えられた生け垣が、「コロナに負けるな!」の看板を掲げて道行く人にエールを送っている。

生け垣は樹齢約80年のヒバで、脇にあった郵便ポストを飲み込むように成長。近所の子どもが「モリゾーに似てる。元気が出る」と言っているのを聞いた長崎さんが、岡谷下諏訪広域シルバー人材センターに剪定を依頼し、モリゾー風に刈り込んだ。

ヒバの木が飲み込んだポストは「元気もりぞうポスト」と命名。東日本大震災後には「がんばろうニッポン」のメッセージを込めて鉢巻き姿に変身。現在はウインク姿で、コロナ禍と向き合う住民に勇気と元気を与えている。

自宅前は「お殿様おひねりの松」がある長崎さん所有の江戸時代の旧茶屋・橋本政屋。その駐車場はラジオ体操会場で、集まってくる子どもや大人約30人が眺め、帰り際にはモリゾーにあいさつして元気をもらうのだという。

長崎さんは「地域住民だけでなく写真を撮りに来る人、街道歩きで見つけて喜ぶ人もいる。見てくれる人に少しでも元気を分けてあげられれば」と話している。

おすすめ情報

PAGE TOP