道の駅蔦木宿 涼を呼ぶ風鈴

LINEで送る
Pocket

涼やかな音色で来店客を歓迎するガラスの里提供の風鈴

富士見町蔦木河原の「道の駅信州蔦木宿」は、店内にSUWAガラスの里(諏訪市)提供の風鈴約50個を飾り、澄んだ音色で涼を呼び込んでいる。

諏訪観光圏の玄関口にあって、観光の相乗誘客につながれば―と同宿の五味芳信駅長がガラスの里に提案して実現。ガラスの里がカエルや金魚をデザインしたディスプレー用の風鈴を提供した。

「諏訪地方の観光連携でコロナに打ち勝つ気持ちを込めた」と五味駅長。「風鈴には暑さで病気にかかりやすい時期の魔よけの意味もあるそう。諏訪を訪れるお客さまに観光を楽しんでもらい、無事お帰りいただけたら」と話している。

おすすめ情報

PAGE TOP