インスタ活用 岡谷市が商業PR

LINEで送る
Pocket

商業に特化した情報を発信していく岡谷市商業観光課のインスタグラム

岡谷市は今月から、写真共有アプリ「インスタグラム」を活用し、市内商業に関する情報発信を始めた。商品やサービスの紹介など、個々の店舗で十分に取り組めていないPR活動を市が一体的に行う事業。今後、店舗の営業情報や各商業会の行事、市や商工会議所の事業などを発信し、市内外からの誘客や売り上げの増加につなげていく。

市内商業の活性化策の一環として、すでに岡谷蚕糸博物館や市観光協会などのPRに活用しているインスタグラムに注目。高齢の商業者も多く、個々の店舗での活用には課題もあることから、商業に特化した情報を市で一体的に発信することにした。

アカウント名は「enjoy_okaya」。「#お買い物するなら岡谷」「#楽しむなら岡谷」のハッシュタグを付け、店舗の情報やイベントの案内、各種支援事業など、市民や商業者、消費者に有益な情報を投稿していく。

市商業観光課によると、インスタグラムの導入については市民への周知前にもかかわらず、フォロワー数は10日で100人を突破したという。今後は週2、3回のペースで情報を更新していく方針。同課は「誘客や販売の増加が目的。 そのためにも市としてフォロワー数を伸ばしていきたい」としている。

おすすめ情報

PAGE TOP