2020年8月15日付

LINEで送る
Pocket

きょう15日は終戦記念日。日本において第2次世界大戦が終結した日。政府はこの日を「戦没者を追悼し平和を祈念する日」として全国戦没者追悼式を主催し、非営利団体らは平和集会を行っている。戦争経験者も若者も、日本人すべてが決して忘れてはいけない日だ▼しかし戦争とは何なのだろうか。一般的には「国家もしくはそれに準ずる集団が自衛や利益の確保を目的に武力を行使して戦闘を起こすこと」だという。戦争は人類の営みにおいて太古から続く最も原始的かつ暴力的な紛争解決手段なのだ▼現在も地球上のいたるところで政治や思想、宗教の違い、資源や領土の取り合いなどで紛争が起き、いつ戦争になってもおかしくない状況。人類は地球上のどんな生物より知恵を得たはずなのに、やっていることはいまだエサや縄張りを争う動物と同じだ▼世界で8000万人ともいわれる死者を出した第2次大戦終結から75年。生き残る戦争体験者はわずかとなり、各地の遺族会は孫子の世代となって存続の危機にある。戦争体験を語り継ぐ者も少なくなった▼戦争を繰り返してきた歴史をみれば、恒久平和はあり得ないのかもしれない。いまわたしたちにできるのは、目先にあるたかだか数十年の平和を、責任を持って守ることだけ。しかしその思いが次の世代、また次の世代へと紡がれれば、結果として人類は長きにわたる平和を手にするのだろう。

おすすめ情報

PAGE TOP