県内初、マスク着用条例を施行 宮田村

LINEで送る
Pocket

宮田村は、新型コロナウイルス感染拡大防止を発端とした感染症予防の一環として「村マスク着用エチケット条例」を19日、施行した。村内でのマスク着用の協力を求め「感染しない、させない」を目指す。条例では着用を勧める一方で、マスク着用が難しい人が不当に差別を受けないよう配慮の必要も明記している。

同日開いた村議会臨時会に村が提案し、原案通り可決した。同条例はこれまで、全国では神奈川県大和市が施行しており、長野県内では宮田村が初めて。

条例は、新型コロナウイルスのほか、インフルエンザなど、感染症などのまん延が予測される場合やまん延している状況に合わせ、マスク着用の協力が求められる。

村は、咳やくしゃみによる飛沫感染の防止策として「強制力はないものの、条例化による徹底を目指した」と説明。周囲に対して心配りすることで安心感を与え、村が目指す姿「人にやさしい宮田村」につなげる狙い。

村は条例の施行に伴い今後、マスクの備蓄量を現在の9000枚から2万枚を目指すほか、条例の施行や正しいマスクの着け方、使用済みマスクの処分の仕方なども含めて、広報紙や防災無線、広報車などでPRしていく。

小田切康彦村長は「コロナ禍にあって、未着用の人にマスク着用が勧めやすくなる。感染しない、させない―の徹底で地域や地域経済を守りたい」と話している。

おすすめ情報

PAGE TOP