八ケ岳山麓の花卉・野菜 直売所プレオープン

LINEで送る
Pocket

プレオープンした直売所「八ケ岳ボタニカルラボ」。「園芸を通して地域を元気に」と意気込む関係者=富士見町富士見の国道20号沿い

南諏、山梨県内の八ケ岳南西麓で花、野菜の生産を手掛ける若手有志が、富士見町富士見の国道20号沿線に直売所「八ケ岳ボタニカルデポ」を今月、プレオープンした。花や野菜の苗、農産物の販売を中心にして、園芸文化を地域に広げて岳麓地域を活性化したい―と意気込んでいる。

岳麓の生産出荷業者38社でつくる連携団体「八ケ岳グリーンネットワーク」のメンバー有志で、直売所出店にあたり合同会社八ヶ岳ボタニカルラボ(吉野唯史代表)を新設。ホームセンター隣接の旧中山植物園を店舗にした。

本格オープンは来年3月。今季は敷地面積(約660平方メートル)に4分の1ほどを整え、約150種類の花草木の苗や多肉植物、農産物、古物、スタッフが作る手工芸品などを販売している。

今後は専門性の強い園芸資材の販売や植物、花をテーマにした各種セミナーの開催など幅を広げるほか、テナント出店者を募って異業種とのコラボも充実させたい考え。県外から企業進出し、暮らしともども岳麓に根付いた経験も生かして、「栽培方法のアドバイスから造園設計・施工、移住相談まできめ細かく対応したい」という。

同ネットでは10年にわたり岳麓で直売イベントや町のグリーンフェアに参加するなど地域のにぎわい創出に貢献している。吉野さんらは「八ケ岳山麓は花き栽培の最適地。今まで八ケ岳からいただいた恵みを地域の発展で恩返しできれば」と話している。

営業は毎週水~金曜が午前10時~午後3時、土、日曜と祝日は午後5時まで。月、火曜定休。

問い合わせは伏見さん(電話090・8958・3534)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP