「岡工祭」なくても全力 校内体育祭で熱戦

LINEで送る
Pocket

熱戦を展開し、大いに盛り上がった岡谷工業高校の体育祭

岡谷工業高校(岡谷市)は28日、校内体育祭を同校で開いた。例年は文化祭「岡工祭」の一環として行う催しだが、今年は新型コロナウイルスの影響で岡工祭は中止。体育祭のみの実施となったが、生徒たちは仲間と一緒に全力で競技を楽しんだ。

同校では当初、29、30の両日に岡工祭を予定していたが、感染拡大を受け5月に中止を決定。生徒たちから岡工祭に代わる行事を望む声が強く、思い出づくりとして体育祭のみ実施することにした。生徒らは綱引きやリレーなど4種目で熱戦を展開し、会場は大いに盛り上がった。

実行委員長を務めた生徒(17)は「準備期間が短く心配したが、みんなが楽しんでくれる体育祭ができてほっとした」と笑顔。羽毛田哲朗校長は「例年と異なる生活に生徒たちも窮屈な思いをしている。きょうは生徒たちが笑顔で楽しんでいてよかった」と話していた。

おすすめ情報

PAGE TOP