新型コロナ茅野2人、上田で会食クラスター

LINEで送る
Pocket

県内で28日に発表された新型コロナウイルス感染者19人の市町村別の内訳は、茅野市の2人の他に上田市12人、千曲市3人、埴科郡坂城町と小県郡長和町が各1人。このうち上田市居住で同じ大学の20代男子学生5人の感染が分かり、県はこの学生らが参加した会食でクラスター(感染者集団)が発生したとの認識を示した。

県によると、19人の感染者の症状は、酸素吸入が必要な中等症が2人、軽症が17人。また、28日午後1時時点で県内で入院中の感染者は59人で、入院予定は12人。患者のうち重症者が1人いる。

上田市の学生のクラスターが発生した会食は19日に県内で行われたといい、参加者は8人。このうちで感染したのは、25日と26日に感染が確認されたともに20代男子学生2人を含め計7人となった。信州大はこの7人が同大学の学生と公表。また、27日に感染発表があった長野市居住の20代女性も同大学生とした。

この他の新規感染者のうちで県の調査により別の感染者との接触が判明したのは上田市の4人と千曲市の1人。一方、他の感染者との接点や県外滞在歴が確認されていないのは上田市の4人、千曲市と坂城町、長和町の各1人。うち長和町の20代男性は医療従事者で、病棟勤務という。

おすすめ情報

PAGE TOP