今年はウェブで 諏訪湖YOSAKOI20日

LINEで送る
Pocket

インターネット配信による初のイベントをPRする中平加代実行委員長

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、今年の開催を見送った県内最大規模のよさこいイベント「諏訪湖よさこい」の実行委員会は、当初開催を予定していた20日、インターネット配信によるイベント「第8回諏訪湖YOSAKOI」を実施する。「例年のように皆さんとつながりを持ちたい」という関係者の思いから企画。動画共有サイト「ニコニコ動画」にチャンネルを開設し、過去のイベントの映像や演舞の投稿動画、歴代入賞チームの代表インタビューなどを生配信する。

諏訪地域の魅力を発信して地域活性化を図ろうと、2013年に始まった催し。例年県内外の40チーム以上、踊り手約1000人が集結して熱いパフォーマンスを披露している。今年も有志でつくる実行委の主催で19、20日の両日、岡谷市湖畔公園などを会場に開催を予定していたが、新型コロナウイルスの影響で5月に中止を決めた。

関係者からは「毎年やっている祭り。何とか参加できる場をつくりたい」との声があったといい、実行委では代替えとなる催しを検討。「ニコニコ動画」とウェブ会議システム「Zoom」を活用し、初のウェブ開催に挑戦することを決めた。

生配信は午後1時~2時30分。実行委員長の中平加代さん=岡谷市=らが進行役を務め、映像やトークで過去のイベントを振り返りながらその魅力を発信する。当日は踊り連から募った投稿の演舞動画や、ドローンで撮影した昨年のイベントの映像などを配信。総踊り曲を歌う原村出身の歌手、中原涼さん=東京都=もリモート出演する。

中平さんは「双方向で楽しみを共有したい。前向きに頑張るメッセージを伝えることができれば」とし、多くの視聴、コメントを期待している。イベントの詳細は公式ホームページに順次掲載。演舞の投稿動画は10日まで、専用フォームで受け付ける。

おすすめ情報

PAGE TOP