「いいお産の日」11月3日 上伊那助産師会

LINEで送る
Pocket

「いいお産の日in上伊那」への来場を呼び掛ける上伊那地方の助産師ら

上伊那助産師会は11月3日、妊娠や出産、育児についてのレクチャーをするイベント「いいお産の日in上伊那」(長野日報社後援)を開く。伊那市保健センターと県看護大学(駒ケ根市)の2会場で、助産師らが安産のノウハウを伝えるほか、子育てなどの相談に応じる。

「いいお産の日」(11月3日)に合わせた恒例行事。例年は、会場に集まった多くの親子にベビーマッサージを教えるなどしていたが、今回は新型コロナウイルスの影響で「完全予約制の個別相談会」として開催することにした。

参加希望者は、 1、安産へのノウハウ 2、産後の心身や子育てに関する相談 3、助産師志望者のための進学相談-の3プランから一つを選んで申し込む。 1、は妊娠中の人を対象とし、食事や運動などのアドバイスをする。おなかの赤ちゃんの心音聴取や妊婦体験、赤ちゃん人形の抱っこ体験などもできる。 2、は卒乳前の子どもがいる人が対象。ベビーマッサージや産後ヨガも教わることができる。

午前10時~午後3時。参加無料。二次元コードからの申し込みが必要で、10月19日締め切り。定員先着16組。相談時間は1組45分で、申し込み締め切り後に同会が調整し、時間帯を連絡する。新型コロナやインフルエンザなどの感染状況によっては、会場で対面してのイベント実施を取りやめ、ウェブ会議システム「Zoom(ズーム)」や電話を使う形式に切り替える。問い合わせは小林まゆみ実行委員長(電話090・2448・4669)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP