安心な村へ コロナ対策事業者に原村独自認証

LINEで送る
Pocket

原村独自の感染症対策の基準を満たし、認証ステッカーとミニのぼり旗を掲示したグリーンプラザホテル

原村は、新型コロナウイルス感染症対策を徹底している観光事業者などを、村独自に「原村あんぜん宣言認証店」とし、ステッカーとミニのぼり旗を交付する事業を進めている。村が作成した感染症対策の基準全25項目のチェックリストに記入し、村観光連盟に提出すると認証が得られる。村は「宿泊業や飲食業をはじめ幅広い業種から申請してほしい。村全体で『安全な村』に向かっていきたい」と呼び掛けている。

村内のグリーンプラザホテルは認証を受けて早速、ロビー受付にミニのぼり旗と認証ステッカーを掲示した。4月後半から5月末まで休業し、6月から営業を再開したが、収益は例年と比べて9割以上の減少という。宿泊に代わり、弁当のテークアウトに力を入れ、「徐々に注文してくれる方が増えた。ありがたい」と話す。

感染症対策では、使用後の部屋の換気の徹底や宿泊者への除菌ウエットティッシュの配布、間隔を広くとったレストランの席配置など独自に工夫してきたが、村のチェックリストを参考に改めて基本的な対策を確認できたという。菊池邦子オーナーと菊池由佳総括マネジャーは「このホテルから感染者を出さないということが大事」と、気を引き締めていた。

2日までに村内の12事業所が認証された。

おすすめ情報

PAGE TOP