おかずワゴンで地域元気に 茅野駅周辺飲食店

LINEで送る
Pocket

金鶏の湯駐車場で店自慢の逸品を販売する「ちのおかずワゴン」。大勢の住民が買い求めた=9日午後3時すぎ、茅野市金沢

茅野市のJR茅野駅周辺にある飲食店8店は9日、夕食のおかずをメインとする弁当の移動販売「ちのおかずワゴン」を始めた。初日は約90食分を移動販売車に載せて、金沢・宮川・ちの地区の5カ所や移動途中に販売。プロの味を自宅で楽しみたいと大勢の住民が足を運び、焼き魚やハンバーグ、お新香巻きなど好みの品を購入した。平日の午後3時から曜日ごとに異なるルートを回って販売する。

出向く形態を加えて新型コロナウイルス感染症の影響が長引く店の経営を支えるとともに、店内での食事や買い物が心配な人や、食事づくりの負担が増す家庭のニーズにも応えようと企画した。駅周辺で複数の店舗を経営する「イマージ」(同市)が呼び掛け、県事業を活用して移動販売車を購入した。

9日は出発式も行い、かわいらしい外装デザインを施した車両をお披露目した。同社の北原友代表取締役は「茅野市全域におかずワゴンの笑顔を振りまき、元気なまちの実現につなげたい」。今井敦市長は、飲食店がワンチームとなって新たな事業を始めることを評価し、「プロの味とともに、前を向いて挑戦する大切さを市民に届けて」とエールを送った。

同市金沢の金鶏の湯駐車場には市民ら約30人が訪れ、メニュー表を見て注文。「アンダンテ」のハンバーグのファンという女性(58)は「孫と外食をしたいのですが、しにくいのが現状。店の味が家で楽しめるのはうれしい」と笑顔を見せた。

曜日ごとの販売場所はフェイスブックとウェブサイトで紹介。10日は泉野・豊平を回る。移動ルート付近であれば宅配(要予約)にも応じ、店長の山本大悟さん(42)によると、9日は8件の予約があったという。問い合わせや宅配予約は、ちのおかずワゴン(電話090・7004・9962)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP