最高賞に窪田さん 二科会写真部長野支部公募

LINEで送る
Pocket

二科会写真部長野支部(永田光弘支部長)は6月に公募、審査した結果を発表し、応募総数377点から最高賞の長野二科賞に窪田治平さん(70)=諏訪市湖南=の作品「見えないライバル」を選んだ。今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、11月に予定していた作品展は中止となったが、作品集が10月に発行される。

窪田さんの作品は諏訪市湖畔公園のモニュメント近くを走る高校生の姿を捉えた。モニュメントに走る生徒の足が反射して写り込み、実際よりも多くの生徒が走っているようにも見える。窪田さんによると、諏訪湖で写真を撮る機会が多く、撮影したのは10月中旬で「この日は、たまたま高校のマラソン大会があったので、面白そうな構図を探して撮影した」という。

地元のカメラメーカーに勤務していたころに趣味でカメラ撮影を始め、写真サークルに入会。一時、遠のいたが、4年ほど前に写真サークルに再入会して仲間と切磋琢磨している。

受賞の知らせを受け「予想していなかったので驚いた。評価していただき、ありがたい」と話していた。

入賞、入選者は次の皆さん(入選は関係分)。

▽二科会写真部長野二科賞=窪田治平(諏訪市)▽長野県知事賞=佐藤かほる(岡谷市)▽長野県議会議長賞=牧秀治(茅野市)▽長野県教育委員会賞=塚田正子(長野市)▽信濃毎日新聞社賞=高橋和夫(岡谷市)▽長野日報社賞=立澤清隆(安曇野市)▽市民新聞グループ賞=鈴木博之(小諸市)▽LCV賞=佐々木雅江(原村)▽長野支部長賞=花岡喜久雄(諏訪市)▽ピクトリコ賞=小林幸子(長野市)▽キヤノン賞=花岡輝次(長野市)▽セコニック賞=橋詰榮一(青木村)▽富士フイルム賞=吉池征雄(岡谷市)▽長野フジカラー賞=滝川春満(豊丘村)▽堀内カラー賞=久保田稔(上田市)▽カラーサイエンスラボ賞=柳澤憲一(松本市)▽日本カメラ賞=高野章(長野市)▽フォトコン賞=宮澤嘉朗(岡谷市)▽オノウエ印刷賞=中谷まり子(茅野市)▽中信ワイナリー協会賞=白石匡記(須坂市)▽長野ラボ賞=大内勝(長野市)▽奨励賞=古屋治(下諏訪町)大島武蔵(長野市)米山賢昭(飯田市)若杉貞夫(下諏訪町)中山弘(茅野市)大久保富美江(松本市)▽支部員努力賞=坂本美江子(軽井沢町)北村耕一(塩尻市)青木嘉直(長野市)三神政之(中野市)

▽入選=牛山金良(茅野市)脇坂今朝一(同)遠藤甲午(同)柳澤正秋(諏訪市)小平広志(同)嶋田亨(岡谷市)加藤武春(富士見町)小池三智恵(同)名取吉幸(同)池田昌史(茅野市)矢ケ崎徹美(岡谷市)松島壯吉(同)小松晴美(諏訪市)三山崎郁夫(岡谷市)小口雅己(同)河西昭(同)小池勝(同)

おすすめ情報

PAGE TOP