市民館駐車場 催事ない時「日貸し」 茅野市

LINEで送る
Pocket

茅野市営市民館駐車場として予約制が導入される市民館第4駐車場

茅野市は10月1日から、茅野市民館駐車場(同市塚原)の一部を市営市民館駐車場に位置付け、催事のない日に予約制で1日単位で貸し出す「日貸し」を導入する。駐車場予約アプリを運営する民間企業「akippa(あきっぱ)」(大阪市)に委託し、同社のアプリを使って事前に予約・決済する。駐車料金は1日700円。25日から予約受け付けを始めた。

JR茅野駅西口の市営青空駐車場の混雑解消へ市民館東側の第4、5駐車場の2カ所で予約制を導入する。両駐車場は市民館イベント時のみ開場し、年240日程度は閉鎖しており、有効活用する。10月以降もイベント時は来場者が無料で使う。

「akippa」のウェブかアプリを起動し、駐車場を検索、会員登録をする。利用日を選び、車種やナンバーなどを入力して予約する。クレジットカードか携帯大手のNTTドコモ、auの決済サービスで支払える。ウェブなどで決済できない場合は市都市計画課窓口で支払える。

予約可能台数は40台余。委託事業者は企画提案型のプロポーザル方式で選んだ。駐車料金収入の3割は運営委託料として市が同社に支払う。委託契約期間は2022年度末まで。

25日に市役所で会見した今井敦市長は「駐車スペースが確実に確保できることがメリット。首都圏や中京圏の人が駅周辺に車を置いて山などに行きたいとの話も聞くので、実際に運用してどんなニーズがあるのか検証したい」と述べた。同社の小林寛之執行役員兼経営企画室長は「これを契機にさらに市への支援ができれば」と話した。

おすすめ情報

PAGE TOP