宮田の発砲事件 暴力団の内部抗争か

LINEで送る
Pocket

発砲事件の現場に残され、警察に押収される黒い乗用車(奥)=29日、午前10時40分ごろ

宮田村大田切の飲食店駐車場で28日、男性が拳銃のような物で撃たれて重傷を負った殺人未遂容疑事件で、県警は29日、2人の関係先として松本市内の指定暴力団絆会傘下の組事務所本部を家宅捜索した。発砲した男は車で逃げており、駒ケ根署が同容疑の疑いで行方を追っている。

捜査関係者によると、車で逃げたのは2人だったという。男性は左脇腹を撃たれて駒ケ根市内の病院に入院しており、命に別条はないという。一方、同署は同日、駐車場の現場検証を行ったほか、止まっていた乗用車を押収して内部を調べた。男性はこの車内にいたところを撃たれたとみられる。同署は何らかの内部抗争があったとみて調べを進めている。

おすすめ情報

PAGE TOP