古民家宿泊「ヤマウラステイ」 開業へ内覧会

LINEで送る
Pocket

ヤマウラステイで活用する茅野市湖東の古民家「清水」を見学する住民ら

ちの観光まちづくり推進機構(茅野市)は4日、古民家宿泊事業「ヤマウラステイ」を16日に開業するのを前に地元住民対象の内覧会を行った。全4棟のうち3棟で行い、約100人が参加した。太い柱や板張りの内壁など古民家の風情を残しつつ、快適に過ごせるよう改修。推進機構は「地域の新たな魅力として国内外に発信したい」としている。

「山浦」と呼ばれる八ケ岳山麓で古民家を宿泊施設に改修し、誘客や交流を図る。当初は4月の内覧会、5月の開業を予定していたが、新型コロナウイルスの影響で延期した。内覧会は10月に開業する「清水」(湖東)と隣接する「花兎」(同)、「金渓」(金沢)で実施した。

このうち「清水」は約150年前に佐久地域から移築した建物。床面積は141平方メートルで天井の高いダイニングキッチンは昔の馬小屋を改修した。リビング、和室2室、寝室、浴室なども備える。リビングは床面から一段低い位置に設け、低い目線で庭の景色を楽しめる。床暖房やペレットストーブで暖を取る。定員は6人。

神奈川県から8月に湖東に移住した野村雅隆さん(64)は「古民家の雰囲気を残していて居心地が良さそう」。地元区の中島剛司区長は「新型コロナとの兼ね合いもあり慎重にはなっているが、地域活性化へ感染対策を取ってもらいながら対応できれば」と話した。

川沿いに建つ「金渓」は大きな窓から望む八ケ岳の景色が特長。残る1棟「渋道」(北山)も秋に内覧会を予定している。

来年1月31日まではプレオープン期間として金、土、日、月曜日と祝日の宿泊のみ受け付けている。宿泊料金を15%割り引いており、2人の宿泊の場合の1人当たりの料金は1万7850~2万7200円(税別)。推進機構によると、すでに約30件の予約が入っている。予約は「ヤマウラステイ」のウェブサイトの申し込みフォームや、ちの旅案内所(電話0266・73・8550)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP