中央道駒ケ岳SIC近く 化粧品メーカー誘致

LINEで送る
Pocket

駒ケ根市は、同市福岡の中央道上り線駒ケ岳スマートインターチェンジ(SIC)近くに、化粧品メーカーのピカソ美化学研究所グループ(兵庫県西宮市)を誘致する。市が用地を取得し、造成して同社に販売する予定。19日に立地協定を結び、手続きを進め2023年の完成を目指す。

同社は機能性・自然派化粧品の研究開発、企画、OEM(相手先ブランドによる生産)などを行い、国内6カ所、海外3カ所に拠点を持つ。駒ケ根市の新拠点は化粧品の生産工場や物流倉庫の整備を計画している。

市によると、建設予定地は中央道上り線の駒ケ岳SIC西側で、養命酒製造駒ケ根工場東側の約2万4千平方メートル。立地協定締結後、測量や農振除外申請などに着手して用地を取得。21年に造成工事を行い同社に売却したい考え。

市は5日夜に開いた地元説明会で、新工場の規模や生産品目などは未定とした上で、当面は消毒液などの瓶詰めや製品の在庫管理などを行い、将来的には製品の生産も予定していると説明。50~80人規模の雇用創出が期待できるとした。

市商工振興課は「雇用創出や税収、経済効果などを見込むことができ、市としてはありがたい話。円滑な事業推進に向け協力したい」としている。

おすすめ情報

PAGE TOP