阿波踊り諏訪湖連 25日湖畔でイベント

LINEで送る
Pocket

本番に向けて踊りの練習をする諏訪湖連メンバー=諏訪市総合福祉センター

諏訪地方のグループ「阿波踊り諏訪湖連」は25日、阿波踊りを披露したり、参加者と一緒に踊ったりするイベント「共に踊ろう!コロナに負けない阿波踊り」を諏訪市の諏訪湖畔にある石彫公園で開く。コロナ禍で相次いで祭りやイベントが中止となる中、独自に企画。「コロナに負けずに老いも若きも一緒に踊ろう」(同連)と初心者の参加も歓迎している。

当日は男踊りと女踊り、掛け声などの説明をしてから、諏訪湖連が阿波踊りの代表的な曲や諏訪の民謡「お諏訪節」、新東京五輪音頭などを披露する。その後、参加者全員で輪になって阿波踊りやお諏訪節を踊る。

同連は2014年に発足し、現在の会員は33人。阿波踊りを通じて地域の連携や笑顔を広げようと、市内で月2回練習を重ねる。コロナ禍で3~5月は練習を休止し、再開後も例年出演するイベントやボランティアの学校訪問などは中止。「感染予防をしながら、諏訪地方に阿波踊りを広める活動ができないか」という会員たちの思いから、初の屋外イベントを企画した。会員のモチベーション向上や新会員を募る機会にもする。

北澤共司連長(74)=同市=は「『手をあげて、足を運べば阿波踊り』と言われるが、誰でも簡単に楽しく踊れる。健康にも良いです」と参加を呼び掛けている。

午後1時30分~同2時30分。参加無料。申し込み不要。雨天中止。感染防止のために連絡先の記入やマスクの持参などを求める。同1時から参加者の受け付けを行う。問い合わせは北澤連長(電話090・2178・8255)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP