「幸水」出荷始まる JA上伊那飯島選果場

LINEで送る
Pocket

出荷が始まったナシの「幸水」=JA上伊那飯島果実選果場

出荷が始まったナシの「幸水」=JA上伊那飯島果実選果場

飯島町のJA上伊那飯島果実選果場で12日、ナシ「幸水」の出荷が始まった。暖冬や春からの高温推移で出荷開始は昨年より5日早い。上伊那地方南部の果樹農家から集められたナシが次々と選別、箱詰めされ、関東や中京、関西方面に送られた。

同JAによると、今季の幸水は雨量が比較的少なかったため例年に比べてやや小ぶりだが、その分糖度は高め。例年並みの130トンの出荷を予定しているという。

この日は初日ということもあり、大きさや形、色、傷など選別の基準を改めて確認してから作業開始。作業員らはコンテナで持ち込まれたナシを一つずつ手にして選別し、規格ごとに段ボールに箱詰めしていった。

同選果場では盆明けから、リンゴ「つがる」の出荷も予定している。

おすすめ情報

PAGE TOP