しもすわ産業まつり延期 来月7日で調整

LINEで送る
Pocket

下諏訪商工会議所は8日、台風14号の接近に伴い今週末にかけて悪天候が予想されることから、10日に下諏訪町の県道岡谷・下諏訪線(通称ジャスコ通り)を歩行者天国にして開催予定だった「しもすわ産業まつり」を、11月7日の予定で延期することを決めた。

台風進路が予想とずれた場合でも10日は台風の影響下にあり、来場者や関係者、出店者の安全を完全には確保できないこと、雨の中で開催したとしても人が集まらず経済を活性化させる当初目的を果たせないことなどから、10日の開催は断念した。

しかし開催に向けて時間と労力をかけてきた関係者の苦労を無にできないこと、多くの町民がイベントを楽しみにしていることから、日程を変更しての開催を検討。外気温や11月中旬の町長選挙などを踏まえ、11月7日の開催で警察など関係機関との調整を進めている。

11月は日の入り時間が早くなることから、開催時間の変更を検討。開始は1時間繰り上げて午前11時から、終了時間は2時間早めて午後3時とする方針。イベント内容についても精査するとしている。開催時間の変更に伴い、県道の交通規制は午前9時30分~午後5時、諏訪湖畔の町道湖岸通り線は午後5時30分~午後8時30分とすることで調整している。

小林秀年会頭は「比較的、諏訪地方ではコロナが落ち着いていて開催できるものと期待していたが、安全が第一。町民のジャスコ通りへの思い入れは強く、町民のためにも日程を変更して開催することにした」と話した。

おすすめ情報

PAGE TOP