伴野教授のスーパー赤果肉リンゴ 品種登録へ

LINEで送る
Pocket

品種登録のめどが立った2系統の「スーパー赤果肉リンゴ」と品種改良した伴野潔特任教授

果肉が赤いリンゴを研究する信州大学農学部の伴野潔特任教授(65)=果樹園芸学=が昨春、農林水産省に出願した「スーパー赤果肉リンゴ」2系統の品種登録が来年3月までに決定するめどが立った。伴野教授は「県内の農家に苗木を配り試験栽培を始めた。新品種がリンゴの消費拡大や農家を元気付ける起爆剤になれば」と期待している。

正式な登録を待つ2品種は伴野教授が開発した品種「ハニールージュ」と、北信の農家が開発した品種「いろどり」を交配させた親の木計62系統から選んだ子の木の「IHR17」と「IHR32(スーパースター)」。今月1日には農水省の担当者が訪れ、2品種の木や果実の状態を確かめる最終的な調査を行った。

2品種とも収穫期は10月上旬。「IHR17」は小玉で赤の色素が強くて酸度が高く、醸造酒のシードルやジャムなどの加工用に適す。「IHR32」は大玉で糖度が高く、生食のほか、シードルの原料にも使える。赤色の成分はポリフェノールの一種のアントシアニンで、2品種とも表皮や果肉に多く含まれている。

すでに伴野教授は2品種の苗木を増産。昨年から今年に掛けて県内18農家に348本を提供し栽培に入った。収穫したリンゴは淡いピンク色をしたロゼタイプのシードルの原料になる予定だ。教授は「シードルは生食に比べて利益率が高い。醸造には味のキレを出す酸味とコクを出す渋みが必要で、2品種を合わせて使うと良質のシードルになる」と話す。

伴野教授は約20年前、リンゴの果肉が「栽培種は白く、野生種は半数以上が赤い」特徴に着目。品種改良の末、国内外の研究者に先駆けて果肉が濃い赤色の食用品種を開発した。今後は「さらに赤色が濃く、糖度と酸味が調和した生食用の次世代スーパー赤果肉リンゴを開発したい。現在苗木を育成中で2年後には発表できそう」と述べた。

おすすめ情報

PAGE TOP