八ケ岳、雪化粧 寒気流れ込み

LINEで送る
Pocket

寒気が流れ込んだ影響で18日、八ケ岳連峰は主峰・赤岳(2899メートル)や硫黄岳、蓼科山などが雪化粧をした。

赤岳天望荘によると、10~20センチほどの積雪を記録。初雪の観測は平年並みだが、場所によっては膝上まで積もるなど例年よりも積雪量が多く、根雪となる可能性もあるという。同山荘を経営する藤森周二さんは「これから八ケ岳は雪山シーズンを迎える。登山者は十分な装備と引き返す勇気を持って登ってほしい」とした。

富山市から訪れた山本晃さん(55)は17日に入山し、1泊2日の予定で硫黄岳や赤岳を縦走する計画を立てていたが、雪が降り始めたことから途中の赤岳鉱泉に宿泊して下山したという。「赤岳に登れなかったのは残念だったが、青空と雪景色のコントラストがとてもきれいでよかった」と話していた。

おすすめ情報

PAGE TOP